巽今宮病院の看護部

Tatsumi Imamiya Hospital Nursing

巽今宮病院看護部の
教育について

病院の理念・基本方針に基づいた看護の質の高い技術を提供できるように、個人の能力を最大限に発揮できるための教育的環境をライフステージに合わせて整え、専門職としての知識を深めることを支援しています。

  • 中途採用ナース
  • 百田看護師
先輩のサポートに支えられた。
家庭を持っても学びながら仕事しやすい環境です。

急性期の経験しかなく、慢性期、回復期という新たな領域を経験したいと思っていました。透析と呼吸器という別分野の看護の両立の難しさ、スタッフの年齢層の幅広さに尻込みし、正直な所、勤務を続けていくのが難しいかなと悩んだ時期もありました。でも、先輩や指導者からの「大丈夫?最近どう?」という声掛けから悩み相談までできる環境に救われました。年齢、職種、家庭環境の違いというボーダーがありません。
人工呼吸器の数値の変化に気づき、対応した事で患者様の呼吸苦を軽減できたり、皮膚トラブルも適切に対応し、徐々に良くなっていく事に寄り添える看護を実感しています。初めての領域で処置等もすぐに回答がもらえるし、疎外感を感じる事はありません。今後、家庭を持っても、学びながら仕事しやすい環境だと思っています。

  • 先輩ナース
  • 塩見看護師
一人一人にあわせた指導を。
みんなで支えて補っていける環境があります。

入職して7年目になりますが、一般病棟、回復期リハビリテーション病棟とローテーションを通じて、幅広い看護が学べるだけでなく、色々な人(患者さま、スタッフ)関わることができ、人間力といった意味での学びも増幅しました。
中途採用者が多い職場なので、入職するまでの知識や経験は人それぞれ違うこともあります。中途採用の指導に対しては自分が入職当初、先輩ナースから知識や経験を教えてもらい少しずつ学びを増やし経験を生かした指導を心がけています。また、病棟内で実施している院外研修での伝達講習や学習会に中途採用者と一緒に参加し、学びを共有しています。今後は後輩ナースに今まで学んだ知識や経験を伝えていこうと日々奮闘していますが、先輩から声をかけてもらい自分の経験不足を補ってもらいながら共に成長していこうと思っています。

中途者入職時教育について

新入職者に対しては、法人のオリエンテーション研修後、看護部オリエンテーションを実施しています。他職種からの説明や看護部管理者達との交流の機会を作り直接会話を通して他職種との協働者であることを認識し、これから看護部一員としてスタートをするための時間を作っています。配属部署では中途採用者の看護観を尊重した指導を「中途採用者教育プログラム計画」に沿って先輩看護師が実施しています。中途採用者の習熟度を定期的(1・3・6か月毎)に看護実践能力評価表に沿って自己評価し、その後指導者看護管理者から評価面談を行っています。職場環境に慣れるためのサポートでは入職3か月までの5回面談を看護部長含め看護管理者が対応しています。また、ライフステージに合わせた教育支援としてポートフォーリオ学習を導入しています。ポートフォーリオ学習では自己の課題を明確にして、自らの成長を確認し自分で学ぶ力を養うことで知識・経験を獲得し成長できる意志ある学びの習得を目指しています。キャリアアップ支援では公費での院外研修参加や認定看護師、その他の資格取得を目指すスタッフに対しても法人からの支援を受けることができます。

  • 慢性呼吸器疾患看護認定看護師
  • 藤本看護師
育児の理解がある職場だと気づき再入職。
家庭を両立しながら慢性期看護の学びを深めたい。

呼吸器に携わる看護ができ、通勤しやすいので約10年前に入職しました。その後、慢性期呼吸器疾患看護認定看護師取得に専念する為、一度退職しましたが、巽今宮病院は育児に関して理解があり、働きやすい環境だと気づき、2013年に再度入職しました。
呼吸器管理が必要だと病院で療養する事が多いですが、患者様やご家族の不安や負担を軽減し、安心感のある在宅療養を選択できるように、力になる事はできないかと考えました。その中で看護師の特定行為研修を受講してみようと思い、現在、受講させて頂きながら勤務しています。
当院では、困難な事例がないわけではありませんが、一人で抱え込まず、相談して、協力しあえる雰囲気があります。また、子育て世代にやさしく、家庭との両立がしやすい上、慢性期看護の学びの場を与えて頂ける環境です。

  • 皮膚・排泄ケア認定看護師
  • 大倉看護師
地域医療に貢献する姿勢に感動。
多職種と協働しながら看護の質を高めたい。

入職式で理事長から入職辞令を頂いた際、理事長がPHSを持ち、救急隊員とやり取りをされていました。理事長自らが率先し先陣を切って地域医療に貢献されている姿を見て感動しました。
現在は業務には少しずつ慣れ褥瘡回診に医師や他スタッフと全病棟を回っています。多職種とも協働でWOC領域の学びを始めたところです。入院患者さまの褥瘡予防、発生時のマットレスやクッション選択・体位変換の方法、創傷ケア、すぐ剥けてしまう弱い皮膚、湿った皮膚潰瘍など日々のスキンケア方法、ストーマケア、排泄管理などについて相談を受けたり、提案をしていきたいと思っています。 また、糖尿病外来立ち上げの準備にも携わっており、今後は糖尿病患者さまへのフットケアや予防的スキンケアも含め、生活指導を行っていく予定です。
糖尿病チームメンバーと連携を取りながらより良い生活が送れる介入を行っていきたいと思っています。

介護職(ナースエイド)教育

介護プリセプター制度を導入しました。
入職時の介護技術のレベルを判定し、一人ひとりにあった目標設定行い、日々の業務を通してプリセプター(指導者)がプリセプティ(新入職者)の指導をしています。特に未経験者に対しては、介護技術をマンツーマン指導の下、ひとつ一つの技術を繰り返しながら習得できるまでプリセプターが関わります。ポートフォリオ学習や院外研修計画も取り入れ、プリセプター・プリセプティが共に成長できる体制作りに取組んでいます。

採用情報

お問い合わせ

施設見学などもお気軽にご相談ください。

0727621292

平日9:00〜17:00
時間内に随時受け付けています。

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

マックシールにご興味がある方へ

是非、あなたの想いやお考えをお聞かせください。
施設見学をご希望の方もお気軽にお問い合わせください。