インタビュー

Interview

  • 巽病院看護師
    • 巽病院
    • 看護師
    • 柴田看護師
    • 看護師として5年間のブランクがあり、不安に思っていましたが、ブランクがあっても個々のレベルに応じて採血や注射、心電図など、一つ一つ確認しながら指導してもらえたので自信に繋がりました。

マックシールを選んだ理由

私は5年のブランクがあり、大阪府看護協会主催の再就職支援に参加していました。そこで病院説明会があると聞いて参加したところで、巽病院の看護部長や師長にお話を伺うことができ、ブランクがあっても、自分が希望する急性期病棟で働けるかもしれないということで、次に病院見学をしました。
綺麗な施設で、ブランクがあっても個々のレベルに応じて指導していただけるということでしたし、自宅からの通勤にも便利ということもあり、巽病院を選びました。

働いて(就職して)成長した点

看護師として5年目になりますが、リーダー業務などの経験が無く不安でした。 ですが、個人のペースに合わせてリーダー業務も教えていただき、自分の受け持ち患者だけでなく病棟全体の流れを把握できるようになってきたと思います。

マックシールの好きなところ

他職種と連携しやすく、気軽に相談できるところはとても良いと思います。
また、目標管理シートやチャレンジシートで、自分の1年間の目標や成果が明確にできるところもモチベーションを上げるのに繋がると思います。

スタッフ・職場の雰囲気

相談事があれば親身になって聞いてもらえます。入職してすぐは不安でいっぱいでしたが、誰に聞いても教えてもらえるので、一つずつ不安をなくすことができました。自然と互いに協力し合う雰囲気があります。

職場復帰後の感想

採血、注射、心電図など、不安なことは多くありましたが、一つ一つの手技を確認してもらえたので、少しずつ自信に繋がりました。受け持ちもすぐに5~6人ではなく、1人、2人と週ごとに少しずつ増やしてもらえたので、初めは情報収集に苦労しましたが、少しずつ慣れていけました。

歓迎メッセージ

私は5年のブランクでしたが、それが1年だろうと20年だろうと、大なり小なり不安はあると思います。 まずは病院見学をして雰囲気を見ていただき、実際に入職された際には面談などで不安なことなどを遠慮なく話してください。一緒に乗り越えていきましょう。私も乗り越えられたので、きっと大丈夫です。お待ちしています。

一覧に戻る

マックシールにご興味がある方へ

是非、あなたの想いやお考えをお聞かせください。
施設見学をご希望の方もお気軽にお問い合わせください。